ERECTA


弁当販売やデリバリーに最適な保温・保冷ボックス

2934621_m

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出されてから、
2020年5月20日現在、全ての都道府県で宣言が解除されていない状況が続いています。

緊急事態宣言により営業を自粛される飲食店等では、弁当販売やデリバリーに
シフトしている状況が伺えます。

2020年5月8日厚生労働省より各自治体に向けて発表された「飲食店における持ち帰り・
宅配食品の衛生管理等について」の文書の中には、施設に応じた弾力的な運用の検討を
お願いすると記載されており、適切な温度管理を行うための例として、
保冷・保温ボックスによる配達などがあげられています。

保温・保冷ボックスは発泡スチロールが一般的ではありますが、発泡スチロールだと
使用の際、「割れたりして異物混入の恐れがある」「密閉性が低く安全性が心配」
また「洗浄機で洗浄できないものもあるので衛生的に使えるか不安だ」などの声を
お聞きします。

740351_s

ドイツ・バート社製の保温・保冷ボックス“サーモ・フューチャー・ボックス”は、
高圧縮発泡のポリプロピレン製。軽量にも関わらず頑丈、そして衛生的に使えるため、
弁当販売やデリバリーに最適です。

WEB-THERMO-FUTURE-BOX_08

21_0188

セントラルキッチンから店舗への搬送にも最適。GNシリーズはガストロノーム規格に
準拠しているので、ホテルパンの運搬も効率的に行えます。

img_thermo_main3

中性洗剤での洗浄やアルコールでの消毒も可能。耐熱温度は-40~120℃まで。
洗浄温度は80℃までなので、ディッシュウォッシャーもお使いいただけます。
衛生的に繰り返し使用できるのが特長です。

これから気温と湿度が高くなる夏にかけて、弁当の保管方法には細心の注意を
払いたいですね。

サーモ・フューチャー・ボックス 製品サイト
https://www.erecta.co.jp/pro/product/brand/thermo-future-box/

2020年5月8日厚生労働省発表
「飲食店における持ち帰り・宅配食品の衛生管理等について」(PDFデータ)
https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000628772.pdf

アーカイブ
カテゴリー