ERECTA


ネステナーの日常点検をおすすめしています

倉庫内で大事な製品を保管するネステナー。毎日使用しているため、その劣化には気づきにくいものです。
倉庫内の安全を守るためにも、日々の点検をおすすめいたします。

点検ポイント

レールと柱部分は重点的に点検を行ってください。

①ストッパーは外れていませんか?

ストッパーが外れた状態での使用は、たいへん危険です。

②サビによる腐食はありませんか?

サビは金属の老朽化の最大の原因。ご購入されてから年数が 経っていない場合でも、日常点検をおすすめいたします。

③柱とレールが外れていませんか?

柱の異常は即座に事故につながる危険性をはらんでいます。

④柱や床(角パイプ)の曲がり、凹みはありませんか?

わずかな曲がりや凹みが耐久性の低下につながることがあります。


目視による確認は日常点検の基本です

ネステナーがいくら丈夫であっても、ご使用になる環境や年数によってはサビの発生、金属疲労といった老朽化は防げません。
特に注意が必要な状態を下記に示しますのでご参考ください。

レールのサビ

上レールはサビの発生が起きやすい場所です。サビによって金属が老朽化します。





上レールと柱の結合

サビによる老朽化で溶接が外れている可能性があります。注意が必要です。




柱のサビ

サビの発生により金属が老朽化。柱はもちろん、ネステナーの安全性に影響が出ます。



柱の曲がり

柱の曲がりは大変危険です。フォークリフトのツメによって、柱が曲がるケースがあります。






レールが柱から外れていないかを確認するため、レールの下からハンマーで叩いてみてください

ビビリ音、溶接外れの手応え、レール接合部などにすき間が見えたときは要注意です。
使用をただちに中止してください。

ネステナー商品ページ
https://www.erecta.co.jp/pro/product/brand/nestainer/

ネステナーとは、倉庫や工場の限られたスペースを有効活用するためのスチール製のラックシステムです。
耐震性に優れ、荷物の形状や運用方法、倉庫のスペースに合わせて効率的な保管・搬送を実現します。
納入事例を多数掲載。45年余り・450万台以上の納入実績がその信頼の証です。

メールで資料が欲しい WEB打ち合わせ希望 お問い合わせはこちら

アーカイブ
カテゴリー