• LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
移動棚でもっと収納できる

既存の倉庫でも棚を移動棚にするだけで、モノがさらに置けるようになる場合があります。

もうこれ以上モノが置けない!」、モノが置けるスペースがないので「倉庫を広くしたい!」なんて思ったことは誰でも、一度や二度あるのではないでしょうか。

移動棚「トップトラックシステム」を設置することで、どのように収納効率が向上するのかを、参考例と合わせて紹介させていただきます。

移動棚_01

同じ面積と通路幅で、通常の設置と移動棚を比較

倉庫の保管棚を考える際、検討していただきたいのが移動棚です。保管する棚を固定棚から移動棚に変えることで、収納率を上げることができるからです。

移動棚_02

上の図は16.45㎡の倉庫で、通常の設置とエレクターの移動棚「トップトラックシステム」を設置した場合の比較です。設置している棚は、すべてD460×W1520mmのサイズです。どちらも通路幅は1mです。

比較すると左のレイアウトではシェルフの数が8台、右はシェルフの数が14台その差は6台になります。左に比べ、右のレイアウトでは175%の収納率となります。

エレクター本社の倉庫

下の写真と図は、実際のエレクター本社の備品倉庫です。トップトラックの導入前後です。デッドスペースを解消し、収納効率が大幅にアップしました。視認性もよくなり、モノを探す時間が減り、業務の効率化にも繋がっています。

移動棚_03

段ボールで数えてみる

1台のシェルフに30個の段ボールを載せるとします。
移動棚_04

移動棚_05

左のレイアウトでは段ボールが240個、右の移動棚「トップトラックシステム」のレイアウトでは420個も置けます。なんとその差は、180個にもなります。

他の参考例

これらは倉庫内のスペースを通常の設置と、移動棚「トップトラックシステム」を用いた設置の比較例です。移動棚を使うと収納効率が向上するのが分かります。詳しくはPDFをダウンロードしてご覧ください。

●参考例1

移動棚_05

●参考例2

移動棚_07

●参考例3

移動棚_08

●参考例4

移動棚_09

エレクターの移動棚「トップトラックシステム」

移動棚_01

「トップトラックシステム」は、通常のエレクターシェルフにドーリー(台車)とレール等を設置するだけで、移動棚(移動ラック)になるので、収納効率を大幅に向上できるシステムです。 

移動棚_10

基礎工事不要で、レイアウト変更や拡張も自在。レールが床面ではなくシェルフの上部にあるので、カートによるピッキング作業も容易に行え、作業の効率化が図れます。さらにシェルフの専門メーカーならではの豊富な棚板バリエーションとサイズで、あらゆる用途と環境に適応します。

移動棚を使用すれば今まで以上の収納が可能になるかもしれません。エレクターの「トップトラックシステム」を倉庫の収納効率UPにご検討ください。

トップトラックシステム製品ページ
https://www.erecta.co.jp/product/toptrack/toptrack_system.html






  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

法人のお客様はこちらから

個人のお客様はこちらから

ページトップへ戻る