ERECTA


代表メッセージ

当社は、企業理念に「マルコポーロのように常に新しい領域を切り拓く冒険者でありたい」
というビジョンを掲げています。
それは、世界中のいいモノを常に追いつづけてお客様に提供していきたいという想いからです。

エレクターは1957年、目黒区に合掌造りの日本料理屋「ふるさと」を開業したのが起源です。1964年に海外1号店としてハワイへ出店。
開店時に現地スタッフが組み立てていた棚が「エレクターシェルフ」でした。創業者はすぐに米国に飛び、日本での販売独占権・製造権を
獲得しました。

柱とシェルフであらゆるモノを支えるエレクターの技術は、同時に暮らしと社会のあらゆるフィールドを支える力でもあります。
「フードサービス」「医療施設」「工場・研究施設」「物流倉庫」「ホームユース」の5つのフィールドで収納・保管~搬送のトータルソリューション「TRANSTORAGE」をコンセプトに、総合的なシステム提案を行っています。
また、米国インター・メトロ社やラバーメイド社をはじめとする海外メーカーとの技術・業務提携による製品開発や、国内ニーズに合わせた商品を国内市場に多数紹介しています。

私たち、エレクターは偉大なるマルコポーロのように常に新たな領域を切り拓く、冒険者でありたいと考えています。お客様の視点に立ち、さまざまな業種の方々に機能性、安全性、経済性に 優れた製品をお届けする。それがエレクタースピリットです。

代表取締役社長 柳屋 司