ERECTA


無煙調理ワゴン「eisfink(アイスフィンク)」発売

無煙調理ワゴン eisfink(アイスフィンク)
eisfinkロゴ

エレクター株式会社(本社:東京都目黒区上目黒2丁目、代表取締役:柳屋 隆) は、独リーバー社製の無煙調理ワゴン「eisfink(アイスフィンク)」の輸入・販売を開始いたしました。

「eisfink(アイスフィンク)」は、独自の排気浄化システム<エアー・クリーニングシステム>を搭載した無煙調理ワゴン。ワゴン本体で油煙や油脂、水分、臭いを含んだ空気を浄化します。その吸い込み能力は一般的な無煙調理ワゴンの約3倍。設置場所には排気設備の必要がないため、フードがない場所でも調理が行えます。
また5種類の調理機器をカセット式で組み替えて使用できるので、今日はステーキ、明日は中華、明後日はイタリアンと、この1台で様々な料理に対応できます。調理機器のひとつであるグリドルには、従来の10倍以上にもなる熱伝導率を誇る新多層金属のSWISS-PLY(スイスプライ)を採用しているため、立ち上がりの時間が早く経済的です。

【eisfink(アイスフィンク)特長】
●独自の排気浄化システム<エアー・クリーニングシステム>により、排気設備のない場所でも調理が可能。どこでも本格的なキッチンになります。ACSの吸引力は他社製の3倍以上を誇ります。
●カセット式の調理機器5種類(IH、IH中華、電気クッキングヒーター、グリドル、グリドルW)により様々な料理に1台で対応が可能。
●グリドルには繋ぎ目のないアルミニウムをステンレスで挟んだ多層金属SWISS-PLYを採用。優れた熱伝導率により立ち上がりの温度が早く経済的。

製品ページ
http://www.erecta.co.jp/pro/product/brand/eisfink/

eisfink(アイスフィンク)プロモーション動画

展示会HCJ2015 エレクターブースでのデモンストレーション動画


■製品発売日:2015年2月

【独・リーバー社】
ホテル・レストランなどの業務用および家庭用のキッチンソリューションを提供するリーディングカンパニーの1社。“Nation‘s Cafeteria Builder”と呼ばれるほどドイツ国内では名高く、その製品はオリンピックでも採用されるなど、ヨーロッパ各国を中心に、全世界で愛用されています。

【アイスフィンクブランド】
世界的高級車メーカーが本拠地を置くシュツットガルト。このドイツを代表する工業都市を含む南西部は、“黒い森”シュバルツヴァルトを抱くその風土と歴史の中で、人々に質素、倹約、モノを大切にする習慣を育み、本当に良いモノをつくろうとする土壌を培いました。125年の伝統を有するアイスフィンク製品は、シュツットガルトに程近い隣郡ルートヴェヒスブルクを拠点に、キッチン用機器の技術革新を担ってきました。

 

アーカイブ
カテゴリー