ERECTA


海外主要提携先

Partnerships of Overseas

  • インターメトロ社InterMetro Industries Corporation(本社 アメリカ ペンシルバニア州)

    ルイス・マズローが1929年に創業。その後80年以上もの間、フードサービスやその他業務用・ヘルスケア市場向けの収納保管・搬送分野においてのリーディングカンパニーであり続けている。
    1956年には初代エレクターシェルフ(日本名:スタンダードエレクター・シェルフ)、1969年にはスーパーエレクター・シェルフを発売。様々な用途や場面で使用されているワイヤーシェルフのパイオニアであり、近年では樹脂製シェルフや医療機関向けのキャビネット、PCカートなど幅広いラインナップを展開している。
    北中米を中心に南米、欧州、アジア、アフリカなど世界規模で事業を展開しており、弊社は海外での独占販売権を得た最も古いパートナーの1社である。

    インターメトロ社は、米国ミズーリ州セントルイスに本拠を置く、世界有数の事業規模を誇る企業「エマソン・グループ」のビジネスユニットです。エマソンは過去に、米国・フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」のエレクトロニクス部門で、第5位にランクインしました。
  • ラバーメイド社Rubbermaid Commercial Products(本社 アメリカ バージニア州)

    1968年に米国バージニア州ウィンチェスターにて創業し、フードサービス、サニタリーメンテナンス・ごみ箱、搬送カート等の商品開発・製造・販売を行う世界屈指のプラスティック製品メーカー。
    弊社とは1976年に日本独占販売契約を締結。1997年には日本国内で「ブルートコンテナ」がロングデザイン賞(グッドデザイン賞受賞後10年以上の継続販売)を受賞。日本市場においても商品のクオリティーが高く評価されている。
    ラバーメイドコマーシャルプロダクツは、世界100カ国以上での業務用・家庭用製品を取り扱うグループ企業「ニューウェルラバーメイド社」の中核ブランドである。

    ラバーメイド社は、過去に米国で最も賞賛される企業No.1(米国フォーブズ誌)に選ばれました。
  • リーバー社Rieber GmbH & Co.(本社 ドイツ)

    ホテル・レストランなどの業務用および家庭用のキッチンソリューションを提供するリーディングカンパニーの1社。
    “Nation‘s Cafeteria Builder”と呼ばれるほどドイツ国内では名高く、その製品はオリンピックでも採用されるなど、ヨーロッパ各国を中心に、全世界で愛用されている。

  • ソカメル社Socamel Technologies(本社 フランス)

    もともとプラスチックの使い捨て容器を製造する有名なメーカーであったが、現在では「大量給食の安全流通」をコンセプトにクックチルシステムにおける再加熱機器の製造、販売を行う有名なメーカーとなっている。
    そのクックチル関連製品は、全世界規模で各国の病院、学校などの施設において採用されている。

  • ヴォロアース社 Vollrath Company, LLC(本社 アメリカ ウィスコンシン州)

    140年以上にわたり、フード関連商品のデザインから製造を行うヴォロアース社。
    19世紀末、ヴォロアース製品は陶器製品において、アメリカの病院、レストラン、家庭と広く使われるようになり、その名を広く知られるようになった。その後、ステンレス製品の製造・販売を手がけるようになり、現在では、業務用厨房用品から家庭用キッチン用品、ブッフェ関連製品など、フード業界を常にリードするメーカーとして世界に展開。

  • バート社Barth GmbH(本社 ドイツ)

    高圧縮の発泡ポリプロピレン(EPP)を採用した保温・保冷ボックス「サーモ・フューチャー・ボックス」の製造メーカー。ドイツでは10年以上フードサービス業界において、食事搬送の現場ニーズに合わせた製品開発を行っており、製品の豊富なバリエーションやオーダーメイドなどの特注対応などにより、ユーザーから圧倒的な支持を得ている。